学生専用キャッシングBIZ~学生証でお金を借りれる消費者金融~

日雇いバイトでキャッシングを申し込む際に気をつけておきたいこと

読了までの目安時間:約 3分

 

色々な事情があって正社員や派遣社員の仕事を辞めて日雇いのアルバイトで生活をつないでいる場合、キャッシングの枠を持っていると生活に困った時に助かります。

しかし、日雇いバイトの身分で果たしてお金が借りれるのか不安に思う方も少なからずいます。

 

では、日雇いバイトでもお金を借りることはできるのでしょうか。

この問題について結論からいうと、日雇いバイトでもお金を借りる事は十分可能です。

 

なぜならば、まず、日雇いといってもちゃんと収入があるわけですから、無職ではありません。

無職ではないので、お金を借りる資格があるからです。
では、どうやってお金を借りるかといえば、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどに申し込んで、審査に受かればお金を借りることができます。

この場合の審査に関してですが、昔はよく、勤務先の会社に電話を入れて本人確認を取ったものですが、最近は個人情報保護など、いろいろ規制が厳しくなっているので、あまりこういったことは行われなくなっています。

それどころか自宅への在宅確認の電話すらしないところも少なからずあります。

 

また、実際に電話がかかってきても、自分が働いている業務について細かいことをごちゃごちゃ聞いてくることは、少なくとも消費者金融やクレジットカードでキャッシングする場合はほとんどありません。

 

しかし、銀行のカードローンの場合は職業の内容を聞いてくる場合もあります。

ですから、銀行のカードローンは職業が不安定のうちは避けた方がいいでしょう。

 

それと、お金を借りる際に必要となる書類ですが、今はスマホやネットから申し込めるので、必要なのは身分証明書くらいです。

ただ、国民健康保険で提出する場合、国保を滞納していると、短期被保険者証や国民健康保険被保険者資格証明書となって、審査の印象が悪くなる可能性があります。

 

ですから、そういう場合はなるべく運転免許証やパスポートなどを提出するようにしましょう。

 

学生キャッシングの知識   

農家でも事業資金や他の目的でお金を借りることは可能です。

読了までの目安時間:約 2分

 

会社員のようにどこかの企業に正規で雇用されていて毎月一定の収入があるという人は、金融機関から信用があるとされて住宅ローンなどのように比較的お金を借りやすいものです。

しかし収入が不安定になりがちな自営業の人がお金を借りる場合、事業資金としてしかお金を借りれないという制限が設けられていることも多いです。

 

しかしこの自営業という範囲は広く、比較的大きな会社を経営しているという人から、個人でお店を経営しているという人、フリーランスで働くライターやスポーツ選手、そして農家も自営業の一種になります。

なので職業が農家で新しい農業機械や農業設備などを整えたいという理由であれば、事業資金としてお金を借りることはそれほど難しくはありません。

 

また事業資金を借りることとは別の方法でお金を借りることもできます。

金融機関によっては自営業者でもお金の利用目的に制限を設けないように、一定の金額までお金を借り入れすることも可能です。

 

農家が自営業者としてお金を借りる場合は、フリーローンといわれるものであれば収入証明書が不要であることも多く、担保や保証人も不要なことが多いです。

また事業を始めてどれくらい経過しているかという年数などの制限もないので、まだ農家を始めてそれほど経っていないという場合でもお金を借りることは可能になっています。

 

なので農家であるからといって、事業資金を借り入れられるかどうかを心配する必要は全くないのです。

 

学生キャッシングの知識   

家族のヤミ金への対応について

読了までの目安時間:約 2分

 

借金のトラブルというものは大事になることが多いのですが、その中でも群を抜いて高いのがヤミ金でしょう。

このヤミ金のトラブルは本人は勿論ですが、家族が知らないうちに借りていることから巻き込まれることも多いそうです。

 

こういったヤミ金に対して今回は兄が借りていることが発覚をしたということになりますが、金融関係に関しては保証人になっていない限り払う必要がないというのが当たり前になっています。

ですがそれは法律に基づいた貸金業法をしっかりと順守しているキャッシング会社に当てはまることになっており、それを守っていないヤミ金などはその違法性から、他人のヤミ金の支払いは絶対に一回でもすべきではありません。

 

少しでも許してしまうとヤミ金はどんどんつけあがっていきますので注意すべきですが、これに関しては警察よりも法律事務所に相談するのが良いとされています。

これは一般的には民事不介入という点から、明確な暴力行為などがないと警察は動いてくれないので、そういった点からまず何としても法律事務所に相談をするのが良いでしょう。

 

ヤミ金の契約には満足に契約書を交わさずにすることも多く、貸金業法的にも違反をしていることから、まずまともに相手をするのは辞めておくのがいいでしょう。

また一人で対処することはとても難しく、そういった場合には恐喝や脅しなどの不法な取り立ても多くなっているので、まずは法律事務所に相談をすべきなのです。

 

法律事務所でもヤミ金などの金融トラブルを専門に扱っているところならなお良いとされています。

 

学生キャッシングの知識   

夜間にお金を借りることは可能なのか

読了までの目安時間:約 2分

 

夜間に急にお金が必要になった場合にキャッシング業者からお金を借りることが可能であるかかどうかは、キャッシング業者の審査時間が夜間の何時までされているかということが一番重要な要素となっています。

最近ではインターネットを利用したキャッシングの申し込みは24時間可能なキャッシング業者は少なくありません。

 

しかし、24時間でキャッシングの審査が可能なキャッシング業者はありません。

審査に通らなければ融資が実行されることはありませんから、どうしても審査が行わない時間はお金を借りることはできません。

 

もちろん、審査がすでに終わっている場合のキャッシングですと、24時間営業しているようなコンビニのATMを利用すればお金を借りることは可能となっています。

 

具体的に言いますと、自動契約機がもっとも遅くまで審査が可能な場合が多いです。

それでももっとも遅くまで営業している自動契約機でも22時までとなっていますので、それ以降はキャッシング業者から即日に融資を受けることは難しいと言わざるを得ません。

 

ただし、それぞれのキャッシング業者で自動契約機の対応時間は違っていますので事前に確認しておく必要はあります。

22時以降ですと、インターネットで申し込みだけをすませておき、翌日の審査開始の時間を待つということは最速の融資実施方法です。

 

22時以降でもお金をすぐに貸してくれるという業者は闇金である可能性が高いので絶対に利用してはいけません。

 

学生キャッシングの知識   

まずは母子福祉資金貸付金を検討するのがおすすめ

読了までの目安時間:約 2分

 

お金を借りることを考えた際に、まず最初に消費者金融業者のキャッシングや金融業者のカードローンを思い浮かべるかたも多いでしょう。

 

実際キャッシングやカードローンの審査は母子家庭だからといって極端に不利になることはありませんし、条件さえクリアしていればいずれかの業者で借り入れをすること充分に可能です。

ただ母子家庭の場合、こうした業者から借り入れをするよりも好条件で借り入れをできるのが公的機関で行っているサービスになります。

 

その中でも優先的に検討していただきたいのが、母子福祉資金貸付金というものです。

 

母子福祉資金貸付金というのは、まとまったお金を必要とする対象のご家庭に対して無利子、または低金利で貸付を行っている行政の制度になります。

ある程度の制限こそありますが、お子さんの進級や進学資金、医療費や引越しのための費用などが補えない場合にお金を借りることができるというものです。

 

あくまでも経済的自立が出来るように支援する制度ですので、借金の返済などに当てることはできませんし、申請をしてから振り込みをしてもらうために10日から2週間程度かかってしまいますが、緊急性を要していない場合には大変便利です。

 

融資までに時間がかかるのは事前審査にさまざまな手続きが伴うためですが、業者から借り入れをするという行為に不安を覚えるというかたは特に、借入先が自治体であるということで安心感があると思います。

まずは最寄の市町村の福祉担当課に問い合わせてみるのがおすすめです。

 

学生キャッシングの知識   

1 3 4 5 6 7 12