学生専用キャッシングBIZ~学生証でお金を借りれる消費者金融~

日雇いバイトでキャッシングを申し込む際に気をつけておきたいこと

読了までの目安時間:約 3分

 

色々な事情があって正社員や派遣社員の仕事を辞めて日雇いのアルバイトで生活をつないでいる場合、キャッシングの枠を持っていると生活に困った時に助かります。

しかし、日雇いバイトの身分で果たしてお金が借りれるのか不安に思う方も少なからずいます。

 

では、日雇いバイトでもお金を借りることはできるのでしょうか。

この問題について結論からいうと、日雇いバイトでもお金を借りる事は十分可能です。

 

なぜならば、まず、日雇いといってもちゃんと収入があるわけですから、無職ではありません。

無職ではないので、お金を借りる資格があるからです。
では、どうやってお金を借りるかといえば、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどに申し込んで、審査に受かればお金を借りることができます。

この場合の審査に関してですが、昔はよく、勤務先の会社に電話を入れて本人確認を取ったものですが、最近は個人情報保護など、いろいろ規制が厳しくなっているので、あまりこういったことは行われなくなっています。

それどころか自宅への在宅確認の電話すらしないところも少なからずあります。

 

また、実際に電話がかかってきても、自分が働いている業務について細かいことをごちゃごちゃ聞いてくることは、少なくとも消費者金融やクレジットカードでキャッシングする場合はほとんどありません。

 

しかし、銀行のカードローンの場合は職業の内容を聞いてくる場合もあります。

ですから、銀行のカードローンは職業が不安定のうちは避けた方がいいでしょう。

 

それと、お金を借りる際に必要となる書類ですが、今はスマホやネットから申し込めるので、必要なのは身分証明書くらいです。

ただ、国民健康保険で提出する場合、国保を滞納していると、短期被保険者証や国民健康保険被保険者資格証明書となって、審査の印象が悪くなる可能性があります。

 

ですから、そういう場合はなるべく運転免許証やパスポートなどを提出するようにしましょう。

 

学生キャッシングの知識   

農家でも事業資金や他の目的でお金を借りることは可能です。

読了までの目安時間:約 2分

 

会社員のようにどこかの企業に正規で雇用されていて毎月一定の収入があるという人は、金融機関から信用があるとされて住宅ローンなどのように比較的お金を借りやすいものです。

しかし収入が不安定になりがちな自営業の人がお金を借りる場合、事業資金としてしかお金を借りれないという制限が設けられていることも多いです。

 

しかしこの自営業という範囲は広く、比較的大きな会社を経営しているという人から、個人でお店を経営しているという人、フリーランスで働くライターやスポーツ選手、そして農家も自営業の一種になります。

なので職業が農家で新しい農業機械や農業設備などを整えたいという理由であれば、事業資金としてお金を借りることはそれほど難しくはありません。

 

また事業資金を借りることとは別の方法でお金を借りることもできます。

金融機関によっては自営業者でもお金の利用目的に制限を設けないように、一定の金額までお金を借り入れすることも可能です。

 

農家が自営業者としてお金を借りる場合は、フリーローンといわれるものであれば収入証明書が不要であることも多く、担保や保証人も不要なことが多いです。

また事業を始めてどれくらい経過しているかという年数などの制限もないので、まだ農家を始めてそれほど経っていないという場合でもお金を借りることは可能になっています。

 

なので農家であるからといって、事業資金を借り入れられるかどうかを心配する必要は全くないのです。

 

学生キャッシングの知識   

家族のヤミ金への対応について

読了までの目安時間:約 2分

 

借金のトラブルというものは大事になることが多いのですが、その中でも群を抜いて高いのがヤミ金でしょう。

このヤミ金のトラブルは本人は勿論ですが、家族が知らないうちに借りていることから巻き込まれることも多いそうです。

 

こういったヤミ金に対して今回は兄が借りていることが発覚をしたということになりますが、金融関係に関しては保証人になっていない限り払う必要がないというのが当たり前になっています。

ですがそれは法律に基づいた貸金業法をしっかりと順守しているキャッシング会社に当てはまることになっており、それを守っていないヤミ金などはその違法性から、他人のヤミ金の支払いは絶対に一回でもすべきではありません。

 

少しでも許してしまうとヤミ金はどんどんつけあがっていきますので注意すべきですが、これに関しては警察よりも法律事務所に相談するのが良いとされています。

これは一般的には民事不介入という点から、明確な暴力行為などがないと警察は動いてくれないので、そういった点からまず何としても法律事務所に相談をするのが良いでしょう。

 

ヤミ金の契約には満足に契約書を交わさずにすることも多く、貸金業法的にも違反をしていることから、まずまともに相手をするのは辞めておくのがいいでしょう。

また一人で対処することはとても難しく、そういった場合には恐喝や脅しなどの不法な取り立ても多くなっているので、まずは法律事務所に相談をすべきなのです。

 

法律事務所でもヤミ金などの金融トラブルを専門に扱っているところならなお良いとされています。

 

学生キャッシングの知識   

夜間にお金を借りることは可能なのか

読了までの目安時間:約 2分

 

夜間に急にお金が必要になった場合にキャッシング業者からお金を借りることが可能であるかかどうかは、キャッシング業者の審査時間が夜間の何時までされているかということが一番重要な要素となっています。

最近ではインターネットを利用したキャッシングの申し込みは24時間可能なキャッシング業者は少なくありません。

 

しかし、24時間でキャッシングの審査が可能なキャッシング業者はありません。

審査に通らなければ融資が実行されることはありませんから、どうしても審査が行わない時間はお金を借りることはできません。

 

もちろん、審査がすでに終わっている場合のキャッシングですと、24時間営業しているようなコンビニのATMを利用すればお金を借りることは可能となっています。

 

具体的に言いますと、自動契約機がもっとも遅くまで審査が可能な場合が多いです。

それでももっとも遅くまで営業している自動契約機でも22時までとなっていますので、それ以降はキャッシング業者から即日に融資を受けることは難しいと言わざるを得ません。

 

ただし、それぞれのキャッシング業者で自動契約機の対応時間は違っていますので事前に確認しておく必要はあります。

22時以降ですと、インターネットで申し込みだけをすませておき、翌日の審査開始の時間を待つということは最速の融資実施方法です。

 

22時以降でもお金をすぐに貸してくれるという業者は闇金である可能性が高いので絶対に利用してはいけません。

 

学生キャッシングの知識   

まずは母子福祉資金貸付金を検討するのがおすすめ

読了までの目安時間:約 2分

 

お金を借りることを考えた際に、まず最初に消費者金融業者のキャッシングや金融業者のカードローンを思い浮かべるかたも多いでしょう。

 

実際キャッシングやカードローンの審査は母子家庭だからといって極端に不利になることはありませんし、条件さえクリアしていればいずれかの業者で借り入れをすること充分に可能です。

ただ母子家庭の場合、こうした業者から借り入れをするよりも好条件で借り入れをできるのが公的機関で行っているサービスになります。

 

その中でも優先的に検討していただきたいのが、母子福祉資金貸付金というものです。

 

母子福祉資金貸付金というのは、まとまったお金を必要とする対象のご家庭に対して無利子、または低金利で貸付を行っている行政の制度になります。

ある程度の制限こそありますが、お子さんの進級や進学資金、医療費や引越しのための費用などが補えない場合にお金を借りることができるというものです。

 

あくまでも経済的自立が出来るように支援する制度ですので、借金の返済などに当てることはできませんし、申請をしてから振り込みをしてもらうために10日から2週間程度かかってしまいますが、緊急性を要していない場合には大変便利です。

 

融資までに時間がかかるのは事前審査にさまざまな手続きが伴うためですが、業者から借り入れをするという行為に不安を覚えるというかたは特に、借入先が自治体であるということで安心感があると思います。

まずは最寄の市町村の福祉担当課に問い合わせてみるのがおすすめです。

 

学生キャッシングの知識   

フリーランスはお金を借りるのが難しい

読了までの目安時間:約 2分

 

最近、会社に所属せず個人でクライアントと契約を結び仕事を行うフリーランスというスタイルで働く人方が増えています。
よくあるのが、ライターや、デザイナー、プログラマーなどの職種でしょう。

 

こうした、昔にはあまりなかったタイプの働き方をする方は、この先も増えていくだろうと考えられています。
そんなフリーランスの方も、事業や家の都合でお金が必要になり、お金を借りなければならないという事態は起こり得ます。

 

ですが、会社という信頼される組織の後ろ盾がないフリーランスの場合、お金を借りることができるのかと不安に感じる方も多いでしょう。

残念ながら、その不安は間違っておらず、フリーランスの方は会社勤めの方と比べお金を借りるのが難しいです。

 

というのも、フリーランスは、お金を融資する銀行や消費者金融からすれば、収入が安定しておらずお金を貸しづらいのです。
確かに、フリーランスは、毎月一定額の給料が受け取れる会社勤めの方と比べ、事業がうまく行ったりいかなかったりで、収入に波が生じてしまいます。
その点が、貸す側には見過ごせないデメリットになってしまうのです。
ですが、そんなフリーランスの方でも、お金を借りる方法があります。
それは、法人を作る(株式会社を作る)という方法です。
そんなお金はないと思われる方もいるかもしれませんが、現在、資本金1円から会社を作ることができるのです。
そして、法人を作ると、信用度が上がりお金が借りやすくなるのです。
実際の収入には影響を及ぼさない法人化なのですが、金融機関の審査は緩くなるので、作っておいて損はありません。
審査に通らなかったら、法人を作ってみると良いでしょう。

 

学生キャッシングの知識   

年金受給者でもキャッシングは可能か

読了までの目安時間:約 2分

 

日本では高齢化社会がすでに顕在化していますから、定年後に年金だけで暮らしているという人も少なくありません。

普段は年金で生活していても一時的にお金が必要ということも考えられます。

 

その時に頼りになるのがキャッシングやカードローンです。

定年後に年金だけで生計を立てている人がキャッシングを利用できるかどうかですが、結論から言ってしまいますと年金受給者はキャッシングが可能な業者と不可能な業者に分かれています。

ですから、年金受給者でもキャッシングの利用を認めている業者であればキャッシングは可能ということになります。
キャッシングやカードローンの申し込み条件にはどの金融業者でも「安定した収入がある成人」であることが条件として存在しています。

この条件がないという例外の業者はありません。年金受給者は成人ということでは問題はありませんが、安定した収入という条件に年金が当てはまるかどうかがそれぞれの金融業者によって違うということです。

 

キャッシングやカードローンの利用が可能な金融業者では年金を安定した収入であるとみなしていることになります。
ただし、年金受給者のキャッシングやカードローンでは融資が可能な金融業者であっても、年齢制限があることに注意しなければなりません。

借入が可能である金融業者であっても、融資の上限の年齢が60歳から70歳までという業者がほとんどです。

年齢制限を超えてしまうと年金受給者は借入が出来ません。

 

学生キャッシングの知識   

問題なし

読了までの目安時間:約 2分

 

日本人じゃないからといって日本のカードローン会社や銀行がお金を貸してくれないなんて事はありえません。

ただしカードローンによっては契約しようとするには条件として永住権を持っていることが必要です。主に銀行のカードローンは永住権がある方が安心です。

 

一方で永住権が無くても契約が出来るカードローンも沢山あります。では日本人と外国人で審査に違いがあるのでしょうか?

結論から言えば違いはありません。契約が認められる条件は同じです。

 

年齢と「安定した収入」があることが大事です。また同じ職場に長い間働いている人は更に審査を通過出来る可能性が高まるでしょう。

では審査を受ける際にどんな準備をしたらよいでしょうか?

 

とにかくまず必要なのは身分証明書です。これは運転免許や保険証を持っていれば問題ありません。

 

そこに外国人の場合は在留カードや特別永住者証明書が必要となります。他は日本人だろうが外国人だろうが審査の基準に変化はありません。が外国人が契約しようする時に大きな壁があります。

 

それは「契約内容を理解できるか?」という事です。

契約は契約者本人しか出来ないので日本語の読み書きそれに契約内容を理解できるだけの日本語理解力が無いと後でトラブルに巻き込まれる事態になりかねません。

 

基本的には外国人だからダメということはありませんが、必要な書類が多くなったり、永住権が無いとダメな所があったりするので借り入れしようとする時には慎重に借り入れ希望先を決めましょう。

 

学生キャッシングの知識   

在籍確認のない業者もあるので安心して!

読了までの目安時間:約 2分

 

銀行や消費者金融でお金を借りる時に、審査ののちに在籍確認があり、その後借り入れが出来るようになることが少なくありません。

この在籍確認は、きちんとその人が働いており、返済能力があるかどうかを確認するための大切な手続きなのですが、会社に電話がかかってきてばれてしまうと嫌ですね。

お金を借りたいけれど、借りることが出来ないと思ってしまいますね。

 

そんなことを考慮して在籍確認を電話でしない業者もあるのです。

もちろん在籍確認がないわけではなく、会社に電話をする方法ではなく、別の方法で在籍確認をするのですね。

 

その方法は、自分の会社でもらった給料明細などをコピーして本当に働いているということを証明するのです。

またこの添付する方法も、郵送で行う場合とスマホなどで画像で送るだけでよい場合もあるので、簡単に在籍確認をすることができます。

 

またカードローンをする時に、ネット上で手続きをすると、審査に通過後自宅にカードが送られてくる場合もあります。

また申し込みのネットで行うのでなく、電話で行った場合は、申し込み書類が自宅に郵送される場合があるのですね。

 

そんなときには、ネットで申し込みをして、その後カードローンの会社の窓口で受け取るようにすると自宅には郵便で届くことはありません。

お金は突発的に必要なこともあります。

 

そんな時には借りるという手段はとても役に立つ方法です。

でも人に知られるのは嫌ですよね。在籍や郵送などに配慮をしてくれるカードローン会社を選ぶと、安心してお金を借りることが出来るようになります。

 

学生キャッシングの知識   

大学生でお金を借りる事ができるか?

読了までの目安時間:約 2分

 

今現在大学生でどうしてもお金を借りる必要があるという人もいるかと思います。そういう人にどういう風にしたら大学生でもお金が借りれるかというと、それは学生カードローンを使ってお金を借りるという方法です。

この方法なら学生でも問題なくお金を借りる事が可能になります。その際に必要になる書類などは未成年者の場合などは親の同意書などが必要になってきます。

 

またアルバイトをしていないといけないという条件もあったりします。また大学生でカードローンを利用するに当たって気を付ける必要があります。

それは一体何かというと大学生である以上できるだけ低い利息で借りた方が良いという事です。

 

ですから、同じ学生カードローンを利用してお金を借りるにしても利息の安いアコムやプロミス等を利用するのが良いです。

なぜなら、アコムとプロミスの学生カードローンを利用すれば借りた日から最初の30日間ば無利息でお金を借りる事が可能だからです。

 

なので、これから初めて大学生でお金を借りたいと思っている人がいるならぜひアコムやプロミスんの学生カードローンを使ってお金を借りると良いと思います。

少なくともここからお金を借りれば大学生でも簡単にお金を借りる事ができるので、ぜひこれれらのサービスを使ってお金を借りる事をおすすめします。

 

それぐらい簡単に大学生でも簡単にお金を借りる事ができるので大学生の人はこの学生カードローンを使ってお金を借りる事をおすすめします。

 

学生キャッシングの知識