学生専用キャッシングBIZ~学生証でお金を借りれる消費者金融~

加入している生命保険に解約返戻金額がある場合は、生命保険会社からお金を借りることができます。

読了までの目安時間:約 2分

 

生命保険を担保にお金を借りる「契約者貸付制度」という方法があります。

これは、加入している生命保険の解約返戻金額を担保にすることで、その金額の一定の割合を限度額として生命保険会社からお金が借りられるというものです。

 

掛け捨ての保険ではこの制度は利用できません。

生命保険、年金保険、終身保険など、解約後に解約返戻金額が返ってくる貯蓄型の保険であることが条件となっています。

 

また、契約して間もない場合は解約返戻金額が少ないので、借りられる金額も少なくなります。

 

つまりは、生命保険会社に預けてあるお金が担保となるわけですが、お金を借りることには変わりはなく、利息も発生します。

利率は生命保険の契約の時期や加入期間、保険の種類などによって異なりますが、カードローンなどと比べるとはるかに低い利率で借りることができます。

 

生命保険を解約しなくてもいいので、保険を継続できるというメリットや安心感もあります。

ただし、借りたまま返済が滞り、利息も合わせての借入金額が解約返戻金額を超えてしまうと、保険契約が取り消されてしまうこともあるので十分注意が必要です。

 

返済方法は保険会社によって異なりますが、銀行振り込みなどの他に、保険会社の窓口まで出向いて支払うこともできます。

カードローンとは異なり、毎月一定の金額を返済しなければならないといった規定がないので、状況に応じての返済が可能です。

 

契約者貸付制度は、加入している保険の状況によっては利用できない場合もあるので、まず保険会社の担当者に相談してみるとよいでしょう。

 

学生キャッシングの知識   

この記事に関連する記事一覧