学生専用キャッシングBIZ~学生証でお金を借りれる消費者金融~

ヤングローンのキャンパスの評判ってどうなの?

読了までの目安時間:約 8分

 

a0007_000175

 

 

h4学生専用ローン・キャンパスの利用体験談と注意点

 

 

お金が必要になるのはお金が手元にない場合がほとんどです。
当たり前ですが、お金を使う人ならば誰もが経験することでもあります。

 

私は学生の頃、お金を借りました。

 

5万円ほどでしたが、学生は思ってた以上にお金がかかりますからアルバイトの収入や奨学金なんてあっという間に使ってしまいます。
お金を借りることに抵抗がある人もいるでしょう。

 

私自身も抵抗がありました。

しかし、結果から言えばきちんと返せばその後の生活に不都合は全くありませんでした。

 

学生専用キャッシングのメリットは収入があれば、比較的簡単に借りられます。
学生証などの証明は必要になってきますが、フリーターなどよりもずっと少ない収入でも借りることができます。

 

親に電話がいくこともありません。
私が借りたのは「ヤングローンのキャンパス」でしたが、事前に電話確認をして親に電話がいかないことも確認しましたから、安心でした。

 

この部分は一番学生が恐れる部分だと思います。

 

親に「借金だけはするな」と言われて育った身として何としても親にはばれたくなかったですから、借りてしばらくは不安でした。

返済を終えて実家にに帰っても特に何も言われなかったのでようやく安心しました。

 

デメリットもあります。

 

それは、「金利がやや高め」なことです。
金利は低くても15%くらいで、利息制限法の20%ギリギリのところもあります。

 

ですから学生専用キャッシングの利用法として返済を早めることが重要になります。

ダラダラと返済を遅らせていると金利だけで借りた額を超えてしまいます。

 

これは絶対避けた方が良いです。

学生でも利用できるわけですからお金のかかる学生にとってこれ以上ないキャッシングですが、借金ですから上手につき合う必要があります。

 

li610_02

 

checkヤングローンのキャンパスは女子学生にお得な融資プランがあります。

 

 

高校を卒業して専門学生や大学生になったらオシャレな1人暮らしを楽しんだり、友達と自由に旅行に行ったりしたいと憧れている人も多いと思います。

ところが、実際に専門学生や大学生になれば授業にサークルにバイトにと大忙し。

 

その3つですら卒業までのデフォルトなのに、学生生活後半になって就活や卒製・卒論も加わればアルバイトも生活費を捻出するだけで精一杯になり、憧れていたような生活をエンジョイする状態ではなくなります。

 

社会人になればお給料が増えますが、日々の仕事に忙しくなってそれこそ簡単に旅行など行けなくなってしまいます。

 

学生時代の貴重な時間と、社会人になってからの財力のバランスを均等にできれば良いのにと思う女子学生の方に朗報です。

 

ヤングローンのキャンパス」という会社をご存知でしょうか。

この会社は学生の生活のニーズに合わせて融資をしてくれる会社で、最大のメリットは学生向けの低金利の融資プランと、在学中に完済できなくても大丈夫ということです。

 

在学中は月々最低返済額で返済して、社会人になってお給料がアルバイトより多く貰えるようになってから多めの返済や一括返済することも可能です。

 

また女子学生には嬉しい「学生レディースローン」というプランが新設されました。

20歳以上の女子学生の方が新規契約した場合、年利15.6%で融資が受けられるというプランです。

 

20歳以上であれば専門学校生、短大生、大学生、大学院生の方でも全て対象です。

申込方法ですがインターネットの入力ホームを入力するだけで完了します。

 

その後、キャンパスから連絡があり審査が承認されれば融資が受けられるシンプルな手続きで、契約書含め必要書類の送付は融資を受けた後の手続きなので早めに融資を受けたいという方には便利です。

しかも、ゆうちょ銀行であれば17:30までに審査が完了すれば即日の振込み対応もしてくれるので、急な買い物や飲み会が多い女子大生には重宝されると思います。

 

その他、新規会員を紹介することで現金2千円~5千円が貰えるというサービスも実施されています。

融資という言葉に不安な女性の方は一度ホームページやブログを見てみると親近感を持ちやすい会社であることが分かると思います。

 

 

check私は学生専用ローンのキャンパスを利用していました

 

 

私は専門学校に通っていましたが、実家を出て一人暮らしをしていましたので、お金が足りなくなる事がよくありました。

家賃は親に甘えていましたが、光熱費や携帯の代金は自分で支払っていましたし、友達との付き合いでお茶したり、遊びに行くお金が必要だったのです。

 

特に友達との付き合いでの出費が結構大きかったと思います。

高いお店で贅沢する訳ではないのですが、軽くカフェでお茶するだけでも回数が増えると、それなりの金額になってしまいます。

でも、友達との付き合いは大切ですので、拒否するのも気が引けました。

 

しかし、私は専門学校時代を経済的に行き詰る事なく、楽しく過ごす事が出来たのです。

それは学生専用キャッシングの存在を知ったからです。

 

学生でもキャッシング出来ると知って、利用する事にしたのです。
キャッシングは初めてだったので少し心配しましたが、日本貸金業協会に加盟している正規のキャッシングサイトなら安心だと分って、ネットで協会に加盟しているサイトを探しました。

 

そして、「ヤングローンのキャンパス」でキャッシングする事にしたのです。

利用者の多い実績のあるキャッシングサイトでした。

 

私のキャッシングの使い方は、お金が足りなくなったらその都度使うという方法でしたが、まとまった金額が必要な場合は、まとめてキャッシングして返済していくという方法もあります。

いずれにしても、実際に学生専用キャッシングを利用した経験から言うと、金利もさほど高くないので、返済も大きな負担にはならないと思います。

 

もし、お金が足りないという学生さんがいたら、学生専用キャッシング・キャンパスをチェックしてみると良いと思います。

 

学生専用キャッシング一覧   

この記事に関連する記事一覧